探偵学校の種類の解説


学校の種類

探偵学校と一口に言ったとしても、いくつかの種類が存在しています。
簡単に探偵学校の種類を分けるとしたら、3つに分けることが可能です。

・講義+実習
・講義のみ(テキストのみ)
・実習のみ

この3つに分けることが出来ます。
講義と実習で違いとするなら、講義は探偵についての座学的な位置づけになっており、その内容はさまざまで、探偵事務所で働く上で必ず知っておかなくては成らない、「探偵業の業務の適正化に関する法律」などの諸所の法令に関する知識であったり、他には探偵の基本技術である尾行の方法から、張り込みなどの注意点などを教科書などのテキストを用いて勉強するといったものです。
また実習の場合には、探偵が実際に調査現場で使うことになる調査機材の使い方を実演、または実際に勉強している生徒が触れて使い慣れていくことを言います。

この2つの勉強を一緒に習うことが出来る探偵学校もあれば、それぞれ別々で学ぶことになる探偵学校もあります。

別々で学ぶ場合では、講義ではテキストのみを送付されて自宅で勉強して、定期的な試験を受けるといったものから、実習では、テキストを送付してきた探偵学校を運営する探偵事務所へ行き、別料金を支払って機材を使った調査方法を勉強するといったものです。

どちらがいいのか?という質問は当然あると思いますが、探偵学校へ行き調査の勉強をする人はフリーターや主婦、脱サラをした人など様々で時間を自由に使うことが出来ることを望んでいる人が多いので、これらの勉強方法はそういった人達にとっては便利なシステムとなっています。